【租税教室へのご案内】小学生対象:授業(案)45分

わたしたちのくらしと税(税金のはなし)

・国や県や市町村のお金がどのように使われているか
・税のしくみと予算
・税金クイズ など

テーマ  みんなで町づくり
対象
 小学校6年生
授業のねらい
 身の回りのものをもとに、税金の使い道を調べ、税金が自分たちの生活にいろいろと役立っていることを知る。
授業の要点
1
 街の中には、税金を使って造られている施設や設備が数多くある。
どんな公共施設があるかを話し合う。
2
 公共施設は、誰が何のために造っているのかを話しあう。
3
 公共施設などの費用も、国や地方公共団体のお金でまかなわれていることがわかる。
授業の展開
1
 どんな税金があるか考えてみる。(8分)
・模擬1億円を使用して、金額をイメージさせる。
・小学生の支払う税金はどんなものがあるかな?
・消費税、所得税などにふれる。
2
 税金が使われているものについて話し合う。(4分)
・税金は何に使われているのかな?
・みんなが払っているから、みんなの役に立つものだろう。
・税金は生活に役立つもの、公共のものに使われている。
・学校の中でも税金が使われている。(具体例を挙げて)
・学校の設備、設備の維持費、教科書代などに使われている。
3
 公共施設について考えてみる。(3分)
・学校の名前は?(○○立○○小学校)
・公共施設(道路、橋、公園など)について考えてみる。
・みんなが使うものだから税金で造られている。
4
 「みんなで町づくり」を児童にさせてみる。(15分)
・自分の家を貼る。
・自分の生活に必要なものを5つ決めて貼る。
・みんなの生活に必要なものを5つ決めて貼る。
・どんなものが公共施設なのか考えてみる。
・公共施設の金額を説明する。
5
 税金がなかったらどうなるか、話し合ってみる。(12分)
・ビデオ:「マリンとヤマト 不思議な日曜日」を見る。(一部)
・ビデオを見た感想をみんなで話し合ってみる。
6
 まとめ(3分)
・税金は、みんながより良い生活を送るための「会費」のようなものであることを、説明して講義を終了する。
使用教材等

関連記事

おすすめ記事

  1.  平成12年4月に開校した香芝市立香芝北中学校を例にとってみると土地代金を除いて、校舎約16億…
  2. 奈良県立図書情報館 平成17年11月にオープンした奈良県立図書情報館は、土地代金等で約33億円、建…
  3. みんなで町づくり(小学生向け) パワーポイントの特性を活かして、租税教育を効果的に実施できます…

アーカイブ

ページ上部へ戻る