【その費用はどこから】奈良県1人当たり

奈良県民1人当たりに使われるお金(令和元年度一般会計当初予算)

  • 奈良県民一人当たりに使われるお金 → 374,796円
  • ※県民一人当たりが納める県税 → 90,319円
  • ※国庫支出金・地方交付税など → 245,452円

奈良県の人口 1,338,590人 平成31年1月1日現在

県民一人当たりの予算 374,796円

議会費 893円 県議会議員報酬や県議会の運営など
産業振興費 2,938円 中小企業の育成・支援、各種資金の貸付などの商工業の振興対策など
総務費 14,643円 消防防災.広報活動など
県土マネジメント費 39,705円 県道や橋の新設・改良、河川の改修、流域下水道建設事業や県営住宅の建設・維持補修など
地域振興費 22,699円 地域振興、国際交流文化及び観光の振興、奈良県立大学の管理運営など
警察費 21,967円 交通対策や治安維持などの警察活動等など
福祉保険費 65,861円 心身障害者・高齢者・母子福祉事業、生活保護、少子化対策、青少年対策など
教育費 80,573円 公立の小・中学校の先生の給料,県立学校の運営、文化財の保存事業、人権・社会教育の推進や競技スポーツの振興など
医療政策費 9,275円 医療、保健、生活衛生対策など
災害復旧費 4,016円 土木施設災害復旧事業など
くらし創造費 2,918円 ボランティア・NPO活動の推進・生涯学習・生涯スポーツの振興、人権施策、男女共同参画など
公債費 67,445円 県債の償還及び利子の支払費用など
雇用政策費 920円 勤労者の福祉向上、職業相談、職業指導など
諸支出金 31,497円 利子割県民税や自動車取得税の市町村交付金など
農林水産業費 9,373円 優良農地の確保、農林産業者への支援、農林水産物の生産流通販売対策、農林業生産基盤の整備など
予備費 74円 予見し難い経費に充てるための費用など

関連記事

おすすめ記事

  1.  平成12年4月に開校した香芝市立香芝北中学校を例にとってみると土地代金を除いて、校舎約16億…
  2. 奈良県立図書情報館 平成17年11月にオープンした奈良県立図書情報館は、土地代金等で約33億円、建…
  3. みんなで町づくり(小学生向け) パワーポイントの特性を活かして、租税教育を効果的に実施できます…

アーカイブ

ページ上部へ戻る