【私たちの生活と税金】会社などに勤めている場合

会社などに勤めている場合には、所得税県民税市町村民税がかかります。

所 得 税 個人の1年間の所得に対してかかります。
道府県民税 均等割と所得割の他に利子割等があります。
市町村民税 均等割と所得割がかかります。

給与所得のある方でも以下に該当する方などは確定申告をする必要があります。
・1年間の給与収入が2,000万円を超える方

・給与を1ヵ所から受けていて、給与所得や退職所得以外の各種の所得金額の合計額が20万円を超える方

・給与を2ヵ所以上から受けていて、年末調整をされなかった給与の収入金額と給与所得や退職所得以外の各種の所得金額との合計額が20万円を超える方。
ただし、給与所得の収入金額の合計額から雑損控除、医療費控除、寄付金控除及び基礎控除を除く所得控除の合計額を差し引いた残りの金額が150万円以下で、しかも給与所得及び退職所得以外の各種の所得金額の合計額が20万円以下の方は、申告をする必要はありません。

・その他、詳しくはお問い合わせ下さい。

関連記事

おすすめ記事

  1.  平成12年4月に開校した香芝市立香芝北中学校を例にとってみると土地代金を除いて、校舎約16億…
  2. 奈良県立図書情報館 平成17年11月にオープンした奈良県立図書情報館は、土地代金等で約33億円、建…
  3. みんなで町づくり(小学生向け) パワーポイントの特性を活かして、租税教育を効果的に実施できます…

アーカイブ

ページ上部へ戻る