【私たちの生活と税金】個人事業をしている場合

商店などを個人で経営している場合には、所得税県民税市町村民税のほか、事業税がかかります。

所 得 税 1年間の所得に対してかかります。
道府県民税 均等割と所得割の他に利子割等があります。
市町村民税 均等割と所得割がかかります。
事 業 税 事業を営んでいるときにその所得金額又は収入金額に対してかかります。

事業税は県内に事務所、事業所を持ち、次の第1種事業、第2種事業、第3種事業を行う個人が対象です。

区分 事業の種類 税率
第1種事業 物品販売業、不動産貸付業、製造業、駐車場業、請負業、
飲食店業、その他一般の営 業(37業種)
5%
第2種事業 畜産業、水産業、薪炭製造業(3業種) 4%
第3種事業 医業、弁護士業、税理士業、コンサルタント業、理容業、
その他の自由業(28業種)
5%
あんま・マッサージ・はり・きゅう等その他の医業に類する事業
および装蹄師業(2業種)
3%

 

関連記事

おすすめ記事

  1.  平成12年4月に開校した香芝市立香芝北中学校を例にとってみると土地代金を除いて、校舎約16億…
  2. 奈良県立図書情報館 平成17年11月にオープンした奈良県立図書情報館は、土地代金等で約33億円、建…
  3. みんなで町づくり(小学生向け) パワーポイントの特性を活かして、租税教育を効果的に実施できます…

アーカイブ

ページ上部へ戻る