【学習】日本における税の歴史

一緒に学びませんか
日本の税の歴史

 現在、私たちの納めた税金は、民主的な制度の下で豊かで安定した暮らしと、健全な社会の発展のために使われています。
しかし、税がこのような姿になるまでには、1800年近い時の流れを必要としました。
邪馬台国の女王卑弥呼の時代から現代まで、税は様々な形で人々の生活に深くかかわってきたのです。
そこには、一体どんな歴史が? 一緒にタイムトラベルをしてみませんか。

 

関連記事

おすすめ記事

  1.  平成12年4月に開校した香芝市立香芝北中学校を例にとってみると土地代金を除いて、校舎約16億…
  2. 奈良県立図書情報館 平成17年11月にオープンした奈良県立図書情報館は、土地代金等で約33億円、建…
  3. みんなで町づくり(小学生向け) パワーポイントの特性を活かして、租税教育を効果的に実施できます…

アーカイブ

ページ上部へ戻る