【豊かな生活のために】教育のために

 みなさんに最も関係の深い分野でいえば、教育ということになります。例えば、新しい学校の建設、体育館、図書館や音楽室などの教育施設の充実・整備、さらには教科書の無償配付などがあります。これらはすべて国や地方公共団体の仕事として計画的に進められているのです。
 

県内の公立学校の児童・生徒1人当たりの年間教育費負担額(平成29年度)

 平成29年度においては、県内の公立中学校の中学生1人当たり年間約105万8千円の教育費が
国・県や市町村から支出されています。

小学生

約84万9千円

中学生

約105万8千円

高校生

約100万5千円
(県立・全日制)

関連記事

おすすめ記事

  1.  平成12年4月に開校した香芝市立香芝北中学校を例にとってみると土地代金を除いて、校舎約16億…
  2. 奈良県立図書情報館 平成17年11月にオープンした奈良県立図書情報館は、土地代金等で約33億円、建…
  3. みんなで町づくり(小学生向け) パワーポイントの特性を活かして、租税教育を効果的に実施できます…

アーカイブ

ページ上部へ戻る