【豊かな生活のために】公害対策や自然環境の保護・整備のために

 奈良県は、恵まれた自然や優れた歴史的風土がありますが、生活排水による河川の汚れ、交通公害、産業や家庭からでる廃棄物など生活環境の悪化や自然の破壊という問題が増えてきています。
 私たちが住みよい生活を送るため、社会資本を充実させ、生活環境をよくして、自然を守っていくことも大切です。
 このため国や地方公共団体は、緑豊かな都市公園や上・下水道などの整備、自然公園の保護、また、ごみの収集やし尿の処理にも取り組んでいます。

関連記事

おすすめ記事

  1.  平成12年4月に開校した香芝市立香芝北中学校を例にとってみると土地代金を除いて、校舎約16億…
  2. 奈良県立図書情報館 平成17年11月にオープンした奈良県立図書情報館は、土地代金等で約33億円、建…
  3. みんなで町づくり(小学生向け) パワーポイントの特性を活かして、租税教育を効果的に実施できます…

アーカイブ

ページ上部へ戻る