【学習】その費用はどこから

国や地方公共団体がいろいろな仕事をするために必要な資金を集め、これを計画的に支出することを「財政」といいます。
国や地方公共団体は、毎年4月から翌年の3月までを一つの年度として、その間の支出とそれに見合う収入を見積もり、それを、私たちの代表の集まりである議会にはかって決めています。これを「予算」といい、収入のことを「歳入」、支出のことを「歳出」と呼んでいます。

関連記事

おすすめ記事

  1. 奈良県内の受賞された作品を紹介しています。 【国税庁長官賞】 大淀町立大淀中学校3年 榎本 咲月…
  2.  平成12年4月に開校した香芝市立香芝北中学校を例にとってみると土地代金を除いて、校舎約16億…
  3. 奈良県立図書情報館 平成17年11月にオープンした奈良県立図書情報館は、土地代金等で約33億円、建…

国税庁 確定申告特集

ページ上部へ戻る