【税金のいろいろ】市町村に納める税金

普通税

市町村民税 個人、法人ともに一定の額である均等割と個人については所得割、法人については法人税割がかかります。
固定資産税 土地や家屋及び事業に使う機械などの償却資産にかかります。
軽自動車税 原動機付自転車や軽自動車などを所有しているときにかかります。
市町村たばこ税 卸売販売業者等が、小売販売業者に売り渡したたばこの本数に応じてかかります。
鉱 産 税 採掘した鉱物などの価格にかかります。
特別土地保有税 一定規模以上の土地を所有又は取得したときにかかります。
(平成15年度から当分の間は課税されません。)

目的税

入 湯 税 温泉地の温泉に入浴したときにかかります。
事 業 所 税 指定都市などに所在する一定規模以上の事務所や事業所にかかります。
都市計画税 市街化区域内に所在する土地や家屋にかかります。
水利地益税 水利事業などの利益を受けるとき土地や家屋にかかります。
共同施設税 共同施設などによって、特に利益を受けたときにかかります。
宅地開発税 宅地として開発する土地の面積に応じてかかります。
国民健康保険税 国民健康保険の被保険者である世帯主にかかります。

関連記事

おすすめ記事

  1.  平成12年4月に開校した香芝市立香芝北中学校を例にとってみると土地代金を除いて、校舎約16億…
  2. 奈良県立図書情報館 平成17年11月にオープンした奈良県立図書情報館は、土地代金等で約33億円、建…
  3. みんなで町づくり(小学生向け) パワーポイントの特性を活かして、租税教育を効果的に実施できます…

アーカイブ

ページ上部へ戻る