【税金とはどんなところに使われているの?】税金の使いみち

税金はどんなところに使われているの


みなさんが暮らしている町にある公園や図書館など、多くの人が使う公共施設は国や県、市町村によって造られています。そして、それらを造るために必要なお金は、みなさんから納められた税金が使われています。

①小学校 詳しくはこちら
②ガードレール ガードレール1m当たり、約5千円~6千円かかります。工事代も含めると1mで約1万円かかります。
③警戒標識 警戒標識だけで約4万5千円かかります。
工事代も含めると約8万円かかります。
④パトカー 車の種類などにもよりますが、標準的なもので、
1台当たり、約330万円かかります。
⑤白バイ 標準的なもので、1台当たり約140万円かかります。
⑥信号機 信号機の種類にもよりますが、擬音(ピヨピヨ・カッコーなど)が流れるものは約500万円~700万円かかります。
⑦パッカー車
(ゴミ収集車)
車の大きさによって変わります。2トン車で約500万円~600万円、4トン車になると約800万円~900万円かかります。
⑧ポンプ車 車の大きさにもよりますが、標準的なもので、約1,300万円~となります。
⑨はしご車 車の大きさやはしごの長さにもよりますが、
40m級のはしご車で、約1億6千万円かかります。
⑩救急車 救急車の装備によりますが、標準的なもので、約3,000万円かかります。

関連記事

おすすめ記事

  1.  平成12年4月に開校した香芝市立香芝北中学校を例にとってみると土地代金を除いて、校舎約16億…
  2. 奈良県立図書情報館 平成17年11月にオープンした奈良県立図書情報館は、土地代金等で約33億円、建…
  3. みんなで町づくり(小学生向け) パワーポイントの特性を活かして、租税教育を効果的に実施できます…

アーカイブ

ページ上部へ戻る