【豆知識】産業廃棄物税とは

産業廃棄物税は、循環型社会の形成を目指し、資源の有効活用を図るため、奈良県が独自に課税する税金で、平成16年4月1日から導入されています。
この税金は、県内の最終処分場への産業廃棄物の搬入に対して課税され、排出事業者又は中間処理業者(県外を含む)が最終処分業者を通じて納めます。
また、産業廃棄物税は、税収の使いみちが決められている「目的税」で、産業廃棄物の排出の抑制、再生利用、減量その他、その適正な処理に関する施策に要する費用に充てられることになっています。

関連記事

おすすめ記事

  1.  平成12年4月に開校した香芝市立香芝北中学校を例にとってみると土地代金を除いて、校舎約16億…
  2. 奈良県立図書情報館 平成17年11月にオープンした奈良県立図書情報館は、土地代金等で約33億円、建…
  3. みんなで町づくり(小学生向け) パワーポイントの特性を活かして、租税教育を効果的に実施できます…

アーカイブ

ページ上部へ戻る