【豆知識】森林環境税とは

 奈良県は県土面積の77%を森林が占めており、私たち県民は森林から多様な恵みを受けています。しかし、現在の森林は十分な手入れがされていないため、荒廃が進んでいます。そこで、奈良県では平成18年度から森林環境税が導入されました。この税金は、県民全体に幅広く負担していただくという考え方から、県民税に一定額の税を上乗せするという「超過課税」という方法により課税されます。また、納めていただいた税金は豊かな森林環境を守るための新たな取組みを推進するために使われます。

関連記事

おすすめ記事

  1.  平成12年4月に開校した香芝市立香芝北中学校を例にとってみると土地代金を除いて、校舎約16億…
  2. 奈良県立図書情報館 平成17年11月にオープンした奈良県立図書情報館は、土地代金等で約33億円、建…
  3. みんなで町づくり(小学生向け) パワーポイントの特性を活かして、租税教育を効果的に実施できます…

アーカイブ

ページ上部へ戻る