【豆知識】県内で買い物をすると…

消費者のみなさんが買い物をしたときにお店に支払った地方消費税は、その店のある都道府県の収入となります。つまり、奈良県内で買い物をすれば、そのときに支払った地方消費税は奈良県に入ることになります。

このように、奈良県内で買い物をしたりサービスを受けたりすれば、奈良県に入る地方消費税が増え、さらに、市町村への交付金も増えます。その結果 、 奈良県や県内の市町村が行う身近な行政が活性化され、住みよい郷土づくりが進みます。

県外まで行くと、時間もかかるし交通費もかかります!
お買い物は県内で!

関連記事

おすすめ記事

  1.  平成12年4月に開校した香芝市立香芝北中学校を例にとってみると土地代金を除いて、校舎約16億…
  2. 奈良県立図書情報館 平成17年11月にオープンした奈良県立図書情報館は、土地代金等で約33億円、建…
  3. みんなで町づくり(小学生向け) パワーポイントの特性を活かして、租税教育を効果的に実施できます…

アーカイブ

ページ上部へ戻る