タグ:安土桃山時代

  • 【日本における税の歴史】安土桃山時代 ∥ 江戸時代

    《太閤検地と石高の課税》 戦国時代を経て、天下を統一した豊臣秀吉は、全国の田畑の広さを測る太閤検地を行いました。 当時の農民姿の春子さんが、検地の現場で秀吉と、 春子 太閤さん、あれなにしてはんの? …

ピックアップ記事

  1.  平成12年4月に開校した香芝市立香芝北中学校を例にとってみると土地代金を除いて、校舎約16億…
  2. 奈良県立図書情報館 平成17年11月にオープンした奈良県立図書情報館は、土地代金等で約33億円、建…
  3. みんなで町づくり(小学生向け) パワーポイントの特性を活かして、租税教育を効果的に実施できます…

アーカイブ

ページ上部へ戻る