タグ:明治時代

  • 【日本における税の歴史】明治中期 ∥ 昭和中期

    《増税の続いた昭和戦前》 明治の中頃から、昭和20年まで、しばしば戦争があり、そのたびに増税が行われました。昭和初期には、物品税、電気ガス税などが創設され、また、昭和15年には勤め人に源泉徴収制度が導入されたほか、法人…
  • 【日本における税の歴史】明治初期 ∥ 明治中期

    《大事業だった地租改正》 日本が新しい租税制度に目覚めるのは、明治維新からのことですが、資金難に苦しんでいた明治政府にとって、これは大変な事業でした。 収入の9割以上を占める地租つまり年貢は幕府時代のままで、納め方も…

ピックアップ記事

  1.  平成12年4月に開校した香芝市立香芝北中学校を例にとってみると土地代金を除いて、校舎約16億…
  2. 奈良県立図書情報館 平成17年11月にオープンした奈良県立図書情報館は、土地代金等で約33億円、建…
  3. みんなで町づくり(小学生向け) パワーポイントの特性を活かして、租税教育を効果的に実施できます…

アーカイブ

ページ上部へ戻る