タグ:歴史

  • 【日本における税の歴史】昭和中期 ∥ 平成

    高度成長期には、税の面でも安定した時代が続き、税は、経営の発展や国民生活の向上に使われ、生かされてきました。 《新しい時代の税制へ》 しかし、社会経済の変化に伴い、税収に占める所得税や法人税など直接税のウエイトが大き…
  • 【日本における税の歴史】明治中期 ∥ 昭和中期

    《増税の続いた昭和戦前》 明治の中頃から、昭和20年まで、しばしば戦争があり、そのたびに増税が行われました。昭和初期には、物品税、電気ガス税などが創設され、また、昭和15年には勤め人に源泉徴収制度が導入されたほか、法人…
  • 【日本における税の歴史】明治初期 ∥ 明治中期

    《大事業だった地租改正》 日本が新しい租税制度に目覚めるのは、明治維新からのことですが、資金難に苦しんでいた明治政府にとって、これは大変な事業でした。 収入の9割以上を占める地租つまり年貢は幕府時代のままで、納め方も…
  • 【日本における税の歴史】安土桃山時代 ∥ 江戸時代

    《太閤検地と石高の課税》 戦国時代を経て、天下を統一した豊臣秀吉は、全国の田畑の広さを測る太閤検地を行いました。 当時の農民姿の春子さんが、検地の現場で秀吉と、 春子 太閤さん、あれなにしてはんの? …
  • 【日本における税の歴史】鎌倉時代 ∥ 室町時代

    《経済の発展と座役》 一郎 鎌倉時代は、守護や地頭、荘園領主などの保護の下で、経済が発展した時代なんだ。人々が集まる場所には…… 春子 それ学校で習った! エート、人々が集まる…
  • 【日本における税の歴史】奈良時代 ∥ 平安時代

    《墾田の私有化》 一郎君の説明が、奈良時代に進みます。 一郎 奈良時代になると、税が都に集められて壮大な平城京が建築され、文化が栄え、政治が盛んに行われるようになったんだ ところが、奈良時代の…
  • 【日本における税の歴史】弥生後期 ∥ 飛鳥時代

    《春子さんの宿題》 学校から帰った中学生の春子さんが、お兄さんの一郎君(大学生)の部屋で、珍しく税金の話を切り出すのがこの物語の始まりです。 どうして税金の話を? フフフ、春子さんはね、先生から『校舎に、プールに体育…

ピックアップ記事

  1.  平成12年4月に開校した香芝市立香芝北中学校を例にとってみると土地代金を除いて、校舎約16億…
  2. 奈良県立図書情報館 平成17年11月にオープンした奈良県立図書情報館は、土地代金等で約33億円、建…
  3. みんなで町づくり(小学生向け) パワーポイントの特性を活かして、租税教育を効果的に実施できます…

アーカイブ

ページ上部へ戻る