推進連絡協議会について

奈良県租税教育推進連絡協議会とは?

 奈良県租税教育推進連絡協議会は奈良県内の教育関係者及び国・県・市町村の税務関係者が、学校教育における租税教育を推進するための環境を整備することを目的に昭和46年に設立しました。その後、納税貯蓄組合連合会や納税協会が加入し、お互いが協力し合いながら、次代を担う児童や生徒に、税に対する正しい知識を身に付けてもらうため、様々な活動を行っています。

ピックアップ記事

  1.  平成12年4月に開校した香芝市立香芝北中学校を例にとってみると土地代金を除いて、校舎約16億…
  2. 奈良県立図書情報館 平成17年11月にオープンした奈良県立図書情報館は、土地代金等で約33億円、建…
  3. みんなで町づくり(小学生向け) パワーポイントの特性を活かして、租税教育を効果的に実施できます…

アーカイブ

ページ上部へ戻る