TOP=>税金とは=>納税の義務・租税法律主義
 
税金とは

 
 納税の義務
 
 憲法第30条は、「国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負ふ。」と規定しています。
 私たちは税金を納めることによって、国民として最も基本的な義務の一つを果たすことになります。
公共サービス
※クリックすると拡大します。
 
 租税法律主義
 
  憲法第84条は、「あらたに租税を課し、又は現行の租税を変更するには、法律又は法律の定める条件によることを必要とする。」と規定し、どんな税金も、法律に基づかなくては課税されないことになっています。このように、国民である私たちが納めなければならない税金のしくみや内容は、私たちを代表する国会が定めた法律によって決められています。
 
同様に、地方公共団体の税(地方税)は、「地方税法」という法律と、各地方公共団体の議会が定める「条例」で、そのしくみや内容が決められています。
 
税にまつわるエピソードまめ知識
正しい申告をしなかったらまめ知識
 
税金とは納税の義務・租税法律主義