【学習】税の国際比較

国民負担率はどのくらいか

 国民負担率とは、税負担と社会保障負担(社会保険料など)の合計が、国民所得に占める割合のことです。
社会保障の進んだ国では、社会保障の必要な老年人口の割合に比較して、国民負担率(社会保障負担率や租税負担率)が高くなっています。(高福祉・高負担)
 日本の国民負担率は主要先進国に比べると低い水準にあります。。
 これは、公共サービスや社会資本の提供に対し、相応の負担を行わず、公債金収入で賄ってきたからです。その結果、財政赤字という形でその負担を将来の世代に先送りしていると考えられます。

消費税(付加価値税)の税率

 日本では、平成元年に消費税が導入されましたが、これと同じような税制の付加価値税は、全世界150の国や地域で採用されています。
 諸外国においても食料品に軽減税率を適用するなど、税負担を緩和する制度が導入されています。

関連記事

おすすめ記事

  1. 奈良県内の受賞された作品を紹介しています。 【国税庁長官賞】 智弁学園奈良カレッジ中学部 三年 …
  2. 奈良県内の受賞された作品を紹介しています。 【公益財団法人納税協会連合会会長賞】 西大和学園高等…
  3. 奈良県内の受賞された作品を紹介しています。 【国税庁長官賞】 生駒市立上中学校 三年 寺中 栞「…
ページ上部へ戻る