【日本における税の歴史】奈良時代 ∥ 平安時代

《墾田の私有化》

一郎君の説明が、奈良時代に進みます。

一郎

奈良時代になると、税が都に集められて壮大な平城京が建築され、文化が栄え、政治が盛んに行われるようになったんだ

ところが、奈良時代の中期になると、重い税の負担に耐えかねた農民が、口分田を捨てて逃げ出したため、荒れ果てた田畑が各地にたくさん現れるようになりました。

一郎

そこで朝廷は、農地を開墾すれば私有してよいという、墾田永年私財法を出したんだよ。こうして開発者には、墾田の永久的な私有が認められるようになるんだ

春子

フーン、そうなの

《荘園と年貢、労役》

一郎

貴族や寺社は、地方豪族と結んで田畑の大規模な開発に努めたんだ。これが荘園になっていくんだよ

11世紀になると、大きな寺社や貴族の荘園が各地にできます。そして、農民は荘園領主に年貢や労役など、様々な税を納めるようになりました。こうして、平安時代は貴族が大きな力を持つようになっていきます。
また、地方の豪族も武装し、これがやがて武士団となって、鎌倉時代を迎えることになります。

関連記事

おすすめ記事

  1.  平成12年4月に開校した香芝市立香芝北中学校を例にとってみると土地代金を除いて、校舎約16億…
  2. 奈良県立図書情報館 平成17年11月にオープンした奈良県立図書情報館は、土地代金等で約33億円、建…
  3. みんなで町づくり(小学生向け) パワーポイントの特性を活かして、租税教育を効果的に実施できます…

アーカイブ

ページ上部へ戻る